大西 慶人(OHNISHI KEIDO)

 

 室蘭生まれ、札幌育ち 。4歳でピアノを始め、小中高と吹奏楽でトランペットと平行しエレクトリックベースを手にする。

 大阪音楽大学付属音楽学園セミナー等多数参加。札幌コンセンヴァトワールにて音楽理論を修得。

 様々なバンド、セッション等に参加。福原美穂、河内淳貴などのサポートメンバーとしても数々のステージを踏む。

 RSRなどにも出場。CONTENPORARYJAZZ FUSION BAND『SHIFT』のリーダーとして活動する傍らに、

 市内音楽教室講師を勤め若手プレイヤーの育成にも力を注ぐ。      

 藤田 淳士(FUJITA JUNJI)

 

 9歳より電子オルガン10歳よりピアノを始める。学生の頃から数々のコンクールにて入賞を果たす。

 1992年YAMAHA海外デモンストレーターとしてアジア方面にて演奏ツアーを敢行する。

 その後、後進の指導・ブライダルシーンの音楽プロデュース・YOSAKOIソーランチームオリジナル音楽製作

 コンサドーレ札幌のチーム楽曲・NHKほっからんど北海道オープニング&エンディングテーマ作曲など多方面で活躍。 

 sound direction NEXT WAVE 合同会社 社長

 林 恵佑(HAYASHI KEISUKE)

 

 4歳から電子オルガンを始める。小学生の頃stevie wonderに出逢い感銘を受け自身でも作詞・作曲を始める。

 15歳の時Marcus Millerのライヴステージをきっかけにベースを手にする。数々のコンクールやステージ経験を積み

 現在では自身の音楽活動の他にNEXTWAVE講師・ARTISTEへ楽曲提供・ライヴイベントのプロデューサーとして活動中。

 マキシ・プリースト&リヴィングストン・ブラウンプロデュースの世界中で活躍しているAKIKO MORIYAKO 2nd ALBUMに

 コーラスとして参加。自身のライヴステージではピアノ・ベース・ボーカルetc...マルチプレイヤーとして活躍中である。